靴下と妻の忍耐

靴下と妻の忍耐

 

今日も雲の上は晴れ

今日、妻からこっぴどく怒られた。

 

 

原因は、私の靴下。

 

 

私は靴下を脱ぐときに、どうしても裏返してしまうクセがある。

 

 

で、それをそのまま洗濯機に入れてしまうので、
それを見つけた妻に怒られるというわけ。

 

 

実はこの件で怒られるのは初めてではない。

 

 

いや、初めてどころか、結婚して以来15年以上
同じ注意を何度も受けてきている。

 

 

注意を受けたあとの数日はちゃんと自分で元通りにするのだが、
数日たつとすぐに忘れて、また裏返しのまま洗濯機へ・・・

 

 

いい加減、妻の堪忍袋の緒も切れたらしい。

 

 

そんなことでそんなに怒らなくても・・・と思わなくもないが、
考えてみれば、15年以上忍耐強く接してくれたのだ。

 

 

彼女の忍耐強さに感服するべきところではある。

 

 

「なんでちゃんとしてくれないの?小さな子供だって、
何回か注意されてたらそのうちできるようになるよね?
あなたはいったいいくつなの?!」

 

 

とは妻の言葉。

 

 

「いや、年を取ると、物忘れがひどくて・・・」

 

 

と、言い訳をしてみたが、冷たい目で見られただけだった。

 

 

普段温和な妻を怒らせないためにも、
今度はせめて1か月はきちんとしたいものである。