子供のいない生活

子供のいない生活

 

今日も雲の上は晴れ

私たちには子供がいない。

 

 

二人とも子供は欲しかったのだが、神様の考えは違ったらしい。

 

 

今では子供はすっかり諦めて、
夫婦二人の生活を楽しんでいるが、

 

 

ここまで来るには、苦しく悲しい日々だった。

 

 

初めて妻が妊娠したのは、恥ずかしながら結婚前。

 

 

とはいえ、すでに結婚式の日取りも決まっていて、
それほど慌てたというわけでもない。

 

 

彼女の職場がちょうど引っ越しをしているときで、
頑張り屋の彼女は、ついつい重い荷物を運んでしまったらしい。

 

 

そのせいか、3か月の時に流産してしまったのだった。

 

 

その時はもちろん二人とも悲しかったのだが、
まだ若く、結婚前ということもあり、

 

 

またすぐにできるだろうという驕りの気持ちがあったことも事実だ。

 

 

またすぐにできる・・・という思いとは裏腹に、
なかなか妊娠しない妻。

 

 

不妊治療にも通ってみたが、
結局我が家に赤ちゃんが再び来ることはなかったのだった。

 

 

もしもあの時・・・という思いが、二人の間によぎることは
数多くあった。

 

 

でも、今更言っても仕方のないこと。

 

 

私たちにできるのは、天国へいった私たちの赤ちゃんのために祈り、
二人、仲良く暮らしていくことだろう。